トップ過去問一覧基本情報技術者 平成21年・秋 > 問50
問50

ソフトウェア開発において,構成管理に起困しない問題はどれか。

○正解
×不正解

開発者がバグを定められた手続に従わずに修正したので,今まで動作していたプログラムが,突然に不正な動作をする。

システムテストにおいて,単体テストレベルのバグが多発して,開発が予定どおり進捗しない。

仕様書,設計書及びプログラムのそれぞれが一致していないので,プログラム修正時にソースプログラムを解析しないと,修正すべきプログラムが特定できない。

ーつのプログラムから多数の派生プログラムが作られているが,派生元のバグ修正がすべての派生プログラムに反映されない。

解説

ソフトウェア構成管理の目的は、ソフトウェア開発を円滑に実施するために、ドキュメント等の成果物の管理、バグ追跡、ビルド管理などを適切に行うことです。

 

>開発者がバグを定められた手続に従わずに修正したので,今まで動作していたプログラムが,突然に不正な動作をする。

バグ管理が徹底されていない → 構成管理の問題です。

 

>仕様書,設計書及びプログラムのそれぞれが一致していないので,プログラム修正時にソースプログラムを解析しないと,修正すべきプログラムが特定できない。

ドキュメント管理が適切に行われていない → 構成管理の問題です。

 

>ーつのプログラムから多数の派生プログラムが作られているが,派生元のバグ修正がすべての派生プログラムに反映されない。

これは、静的ライブラリのバグを修正後、ライブラリを使用してる派生プログラムのビルド(再コンパイル)をしていなかったというようなケースのことだと思われるので、ビルド管理が適切に行われていない → 構成管理の問題です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。