トップ過去問一覧基本情報技術者 平成21年・秋 > 問52
問52

あるシステムを開発するための工数を見積もったところ 150 人月であった。 現在までの投入工数は 60 人月で,出来高は全体の3割であり,進捗に遅れが生じている。 今後も同じ生産性が続くと想定したとき,このシステムの開発を完了させるためには何人月の工数が超過するか。

○正解
×不正解

50

90

105

140

解説

60人月投入したのに、実際に完了したのは、150人月の3割の45人月であることから、生産性は、

45/60 = 3/4

であると分かる。

 

残り作業の 150 - 45 = 105 人月分を、同じ生産性でこなすと、必要な投入工数は、

105 ÷ (3/4) = 105 * 4/3 = 140 人月

となる。

 

合計すると、

60 + 140 = 200 人月

かかり、当初の予定より 50 人月超過する。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。