トップ過去問一覧基本情報技術者 平成21年・秋 > 問57
問57

情報システムを落雷によって発生する過電圧の被害から防ぐための手段として, 有効なものはどれか。

○正解
×不正解

サージ保護デバイス( SPD )を介して通信ケーブルとコンピュータを接続する。

自家発電装置を設置する。

通信線を経路の異なる2系統とする。

電源設備の制御回路をディジタル化する。

解説

>通信線を経路の異なる2系統とする。

通信線を冗長化しても、システム自体がサージで破壊されてしまったら、意味がありません。

 

>自家発電装置を設置する。

雷で停電があった時には有効かもしれませんが、サージからシステムを守ることはできません。


>電源設備の制御回路をディジタル化する。

ディジタルはノイズに強いですが、サージは異常な高電圧なのでノイズとかいうレベルではありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。