トップ過去問一覧基本情報技術者 平成21年・秋 > 問59
問59

情報システムのセキュリティコントロールを予防,検知,復旧の三つに分けた場合,復旧に該当するものはどれか。

○正解
×不正解

オペレータとプログラマの職務分離

コンティンジェンシープラン

パスワードの利用

メッセージ認証

解説

コンティンジェンシープランとは、ウィルス感染や個人情報流出など、情報システムのセキュリティ上の緊急事態が発生した時のことを想定して、被害を最小限にするために、あらかじめ決めておく対策や計画のことである。

 

>オペレータとプログラマの職務分離

職務分離によりプログラマの権限を限定することで不正を予防します。

 

>パスワードの利用

不正アクセスを予防、検知できます。

 

>メッセージ認証

メッセージの改ざんを検知できます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。