トップ過去問一覧基本情報技術者 平成21年・秋 > 問77
問77

減価償却の方法として認められているものはどれか。

○正解
×不正解

移動平均法

最終取得原価法

定率法

持分法

解説

減価償却とは、企業が長年に渡って使用する高額なものを購入した際に、その取得費用を複数年に分割して経費として計上することです。減価償却には、毎年同じ一定額を計上する定額法と、計上する額がはじめ多くて徐々に少なくなる定率法があります。

 

定額法

償却可能額(取得額-残存価格)を単純に耐用年数で割った額を毎年経費として計上します。

 

定率法

未償却額に定率を掛けた額を、毎年経費として計上します。定率ですが、未償却額が年々小さくなるため、計上する費用は年々小さくなります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。