トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問13
問13

静電容量方式タッチパネルの記述として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

タッチすることによって,赤外線ビームが遮られて起こる赤外線反射の変化を捉えて位置を検出する。

タッチパネルの表面に電界が形成され,タッチした部分の表面電荷の変化を捉えて位置を検出する。

抵抗膜に電圧を加え,タッチした部分の抵抗値の変化を捉えて位置を検出する。

マトリックス状に電極スイッチが並んでおり,押された部分の電極で位置を検出する。

解説

タッチすることによって、赤外線ビームが遮られて起こる赤外線反射の変化を捉得て位置を検出する。

赤外線方式タッチパネルの記述です。

 

タッチパネルの表面に電界が形成され、タッチした部分の表面電荷の変化を捉えて位置を検出する。

静電容量方式タッチパネルの記述です。正解です。

 

抵抗膜に電圧を加え、タッチした部分の抵抗値の変化を捉えて位置を検出する。

抵抗膜方式タッチパネルの記述です。

 

マトリックス状に電極スイッチが並んでおり、押された部分の電極で位置を検出する。

マトリックススイッチの記述です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。