トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問15
問15

コールドスタンバイシステム,シンプレックスシステム,デュアルシステムを,システムの稼働率の高い順に並べたものはどれか。ここで,各システムを構成するコンピュータは同一であるものとする。

○正解
×不正解

コールドスタンバイシステム,シンプレックスシステム,デュアルシステム

コールドスタンバイシステム,デュアルシステム,シンプレックスシステム

シンプレックスシステム,コールドスタンバイシステム,デュアルシステム

デュアルシステム,コールドスタンバイシステム,シンプレックスシステム

解説

コールドスタンバイシステムは、同じ構成のシステムを2つ用意し、一つを稼働、もう一つを待機させ、稼働中のシステムに障害が発生すると待機中のシステムが稼働するようにしたものです。

 

シンプレックスシステムは、必要最小限の機器で構成されたシステムです。

 

デュアルシステムは2系統のシステムを用意し、まったく同じ処理を行わせます。

 

上記3つの稼働率を検討すると、まずデュアルシステムは片方に障害が起こってももう片方が動いている限りシステム全体が停止することはありません。次にコールドスタンバイシステムは障害が起きた際待機系を稼働させるのに幾らか時間を要するためシステム停止時間が生じます。最後にシンプレックスシステムの障害時は、復旧できるまでシステム全体は停止したままです。

よって

デュアルシステム,コールドスタンバイシステム,シンプレックスシステム

の順に稼働率が高いということがわかります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。