トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問22
問22

コンパイラにおける最適化の説明として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

オブジェクトコードを生成する代わりに,インタプリタ用の中間コードを生成する。

コンパイルを実施するコンピュータとは異なるアーキテクチャをもったコンピュータで動作するオブジェクトコードを生成する。

プログラムコードを解析して,実行時の処理効率を高めたオブジェクトコードを生成する。

プログラムの実行時に,呼び出されたサブプログラム名やある時点での変数の内容を表示するようなオブジェクトコードを生成する。

解説

プログラムコードを解析して,実行時の処理効率を高めたオブジェクトコードを生成する。

最適化とはコンパイラの機能の一つで、コードを機械語に変換する際に実行時間やメモリの使用量を最小限に抑える処理をします。これが正解です。

 

 

オブジェクトコードを生成する代わりに,インタプリタ用の中間コードを生成する。

中間言語コンパイラ(バイトコードコンパイラ)の説明です。

 

コンパイルを実施するコンピュータとは異なるアーキテクチャをもったコンピュータで動作するオブジェクトコードを生成する。

クロスコンパイラの説明です。

 

プログラムの実行時に,呼び出されたサブプログラム名やある時点での変数の内容を表示するようなオブジェクトコードを生成する。

トレーサの説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。