トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問3
問3

コンピュータで連立一次方程式の解を求めるのに,式に含まれる未知数の個数の3乗に比例する計算時間が掛かるとする。あるコンピュータで100元連立一次方程式の解を求めるのに2秒掛かったとすると,その4倍の演算速度をもつコンピュータで1,000元連立一次方程式の解を求めるときの計算時間は何秒か。

○正解
×不正解

5

50

500

5,000

解説

100元→1000元で元の数が10倍になると、問題文の記述によれば

同じコンピュータならば103=1000倍の計算時間が掛かることになります。

4倍の計算速度があるコンピュータならば1000÷4=250倍の計算速度で済むので

2秒×250=500秒

が正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。