トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問33
問33

UMLを用いて表した図のデータモデルの解釈のうち,適切なものはどれか。

 

○正解
×不正解

1回の納品に対して分割請求できる。

顧客への請求を支払いで相殺できる。

請求処理は納品と同時に実行される。

複数回の納品分をまとめて請求できる。

解説

UMLのデータモデルにおいて1...*というのは「1以上」、0..1というのは「0または1」ということを表しています。.

 

1回の納品に対して分割請求できる。

問の図を見ると、納品に対して請求は1か0のどちらか、という多重度になっていますので、分割できません。不正解です。

 

顧客への請求を支払いで相殺できる。

請求処理は納品と同時に実行される。

これらはデータモデルとは無関係です。

 

複数回の納品分をまとめて請求できる。

図を見ると、請求に対して納品は1以上の多重度、つまり複数の納品を一つの請求で済ませられます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。