トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問34
問34

DBMSにおけるデッドロックの説明として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

2相ロックにおいて,第1相目でロックを行ってから第2相目でロックを解除するまでの状態のこと

ある資源に対して専有ロックと専有ロックが競合し,片方のトランザクションが待ち状態になること

あるトランザクションがアクセス中の資源に対して,他のトランザクションからアクセスできないようにすること

複数のトランザクションが,互いに相手のロックしている資源を要求して待ち状態となり,実行できなくなること

解説

デッドロックとは、複数のプロセスが互いに互いの占有している資源の解放待ち状態になってしまい処理が停止してしまうことを言います。

 

複数のトランザクションが,互いに相手のロックしている資源を要求して待ち状態となり,実行できなくなること

これが正解です。

 

2相ロックにおいて,第1相目でロックを行ってから第2相目でロックを解除するまでの状態のこと

2相ロックにおけるトランザクションの減退期に関する説明です。

 

ある資源に対して専有ロックと専有ロックが競合し,片方のトランザクションが待ち状態になること

デッドロックは両方の処理が停止する場合を言います。

 

あるトランザクションがアクセス中の資源に対して、他のトランザクションから
アクセスできないようにすること

専有(占有)ロックの説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。