トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問43
問43

コンピュータウイルス対策ソフトのパターンマッチング方式を説明したものはどれか。

○正解
×不正解

感染前のファイルと感染後のファイルを比較し,ファイルに変更が加わったかどうかを調べてウイルスを検出する。

既知ウイルスのシグネチャコードと比較して,ウイルスを検出する。

システム内でのウイルスに起因する異常現象を監視することによって,ウイルスを検出する。

ファイルのチェックサムと照合して,ウイルスを検出する。

解説

既知ウイルスのシグネチャコードと比較して,ウイルスを検出する。

正解です。

 

システム内でのウイルスに起因する異常現象を監視することによって,ウイルスを検出する。

ヒューリスティック方式の説明です。

 

ファイルのチェックサムと照合して,ウイルスを検出する。

チェックサム方式の説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。