トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問45
問45

モジュール設計書を基にモジュール強度を評価した。適切な評価はどれか。

 

 

〔モジュール設計書(抜粋)〕

上位モジュールから渡される処理コードに対応した処理をする。処理コードが“I”のときは挿入処理,処理コードが“U”のときは更新処理,処理コードが“D”のときは削除処理である。

○正解
×不正解

これは“暗合的強度”のモジュールである。モジュール内の機能間に特別な関係はなく,むしろ他のモジュールとの強い関係性をもつ可能性が高いので,モジュール分割をやり直した方がよい。

これは“情報的強度”のモジュールである。同一の情報を扱う複数の機能を,一つのモジュールにまとめている。モジュール内に各処理の入口点を設けているので,制御の結びつきがなく,これ以上のモジュール分割は不要である。

これは“連絡的強度”のモジュールである。モジュール内でデータの受渡し又は参照を行いながら,複数の機能を逐次的に実行している。再度見直しを図り,必要に応じて更にモジュール分割を行った方がよい。

これは“論理的強度”のモジュールである。関連した幾つかの機能を含み,パラメタによっていずれかの機能を選択して実行している。現状では大きな問題となっていないとしても,仕様変更に伴うパラメタの変更による影響を最小限に抑えるために,機能ごとにモジュールを分割するか,機能ごとの入口点を設ける方がよい。

解説

これは“暗号的強度”の……

暗号的強度のモジュールとは、これが何の機能を果たすのか決められないようなモジュールです。最も悪い設計であり、通常見直すことが要求されます。

 

これは“情報的強度”の……

情報的強度のモジュールは特定のデータ構造を扱う複数の機能をまとめたものです。2番目に良い設計とされています。問の〔モジュール設計書〕では複数の機能のどれかに分岐させるために専用の処理コードを用いているので当てはまりません。

 

これは“連絡的強度”の……

連絡的強度のモジュールはモジュール内部において関連のある複数の機能を逐次的に実行していくような設計です。問の〔モジュール設計書〕はどれかの機能に分岐することになっているので、当てはまりません。

 

これは“論理的強度”の……

論理的強度のモジュールは関連のある複数の機能をまとめ、どれかを選択して実行するようなもののことですので、正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。