トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問59
問59

プログラミングの信頼性の監査において,指摘事項に該当するものはどれか。

○正解
×不正解

プログラマは,プログラム設計書に基づいてプログラミングを行っている。

プログラマは,プログラムの全てのロジックパスの中から,サンプリングで単体テスト項目を設定している。

プログラミングチームのリーダは,単体テストの実施結果を記録し保管している。

プログラムを作成したプログラマ以外の第三者が,単体テストを行っている。

解説

プログラマは,プログラムの全てのロジックパスの中から,サンプリングで単体テスト項目を設定している。

サンプリングでテスト項目を設定するということは、抽出しなかった他のロジックパスにバグが存在するかもしれません。すべてチェックするのが不可能ならば限界値分析などエラーの起こりやすい箇所に着目したテスト項目を作る必要があります。

 

プログラマは,プログラム設計書に基づいてプログラミングを行っている。

プログラミングチームのリーダは,単体テストの実施結果を記録し保管している。

プログラムを作成したプログラマ以外の第三者が,単体テストを行っている。

以上三つは問題ありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。