トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問60
問60

IT統制を予防統制と発見統制に分類した場合,発見統制に該当するものはどれか。

○正解
×不正解

データ入力画面を,操作ミスを起こしにくいように設計する。

データ入力結果の出力リストと入力伝票とを照合する。

データ入力担当者を限定し,アクセス権限を付与する。

データ入力マニュアルを作成し,入力担当者に教育する。

解説

IT統制における予防統制とはそもそもミスが発生しにくいようにすること、発見統制とは万が一ミスが発生した場合それを捕捉し取り除けるようにすることを言います。

 

データ入力結果の出力リストと入力伝票とを照合する。

出力の後でミスが無いか確かめる行為なので、これが正解です。

 

データ入力画面を,操作ミスを起こしにくいように設計する。

データ入力担当者を限定し,アクセス権限を付与する。

データ入力マニュアルを作成し,入力担当者に教育する。

これらはすべて予防統制に該当します。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。