トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問64
問64

利用者が,インターネットを経由してサービスプロバイダ側のシステムに接続し,サービスプロバイダが提供するアプリケーションの必要な機能だけを必要なときにオンラインで利用するものはどれか。

○正解
×不正解

ERP

SaaS

SCM

XBRL

解説

ERP(Enterprise Resource Planning:企業資源計画)

企業全体をその経営資源の観点から統合的に管理することで、経営の効率化を図ることです。

 

SaaS(Software as a Service:サービスとしてのソフトウェア)

必要なとき必要な機能だけをサービスとして利用できるようにしたソフトウェアのことです。主にインターネット経由で提供されるサービスについてこの名前で呼ばれます。正解です。

 

SCM(Supply Chain Management:供給連鎖管理)

製造業や物流業などで、調達から製造、流通、販売といった一連のシステムを一企業のみで構成するのでなく、複数の企業間で統合的に運用し、コストを削減させる仕組みのことです。

 

XBRL(eXtensible Business Reporting Language:拡張可能な事業報告言語)

財務諸表を記述するための、XMLをベースにした言語のことです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。