トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問65
問65

要件定義プロセスで実施すべきものはどれか。

○正解
×不正解

新しい業務の手順やルール,制約条件を明確にし,利害関係者間で合意する。

新システムによる業務運用の投資効果及び業務効果の実績を評価する。

法規制,経済状況などの事業環境を分析し,事業目標や業務目標を作成する。

要求事項を満たしているか,ソフトウェア及びデータベースのテストを実施する。

解説

共通フレーム2007のシステム開発関連のプロセス群には、企画→要件定義→開発→運用→保守、の各プロセスが存在し、それぞれの中にある各タスクを実施します。

 

新しい業務の手順やルール,制約条件を明確にし,利害関係者間で合意する。

正解です。利害関係者要件の定義として実施されることで、要件定義プロセスに相当します。

 

新システムによる業務運用の投資効果及び業務効果の実績を評価する。

導入後のシステム運用の評価は運用プロセスに相当します。

 

法規制,経済状況などの事業環境を分析し,事業目標や業務目標を作成する。

システム化構想の立案として実施されることで、企画プロセスに相当します。

 

要求事項を満たしているか,ソフトウェア及びデータベースのテストを実施する。

ソフトウェアやデータベースのテストは開発プロセスに当たります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。