トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問70
問70

T社ではA,B,Cの3種類の商品を販売している。現在のところ,それぞれの商品には毎月10,000人,20,000人,80,000人の購入者がいる。来年から商品体系を変更して,P,Q,R,Sの4種類の新商品を販売する予定である。
そこで,現在の顧客が新商品を購入する割合と新規の顧客数を試算した。この試算について,適切な記述はどれか。

 

○正解
×不正解

商品Aの購入者のうち,1,000人が商品Qを購入すると予想している。

商品Bの購入者は,商品P,Q,R,Sのどれかを購入すると予想している。

商品Pの購入見込者の5割は,商品Aの購入者であると予想している。

商品Sの新規顧客人数は,商品Cの購入者のうち商品Sを購入する人数より少ないと予想している。

解説

商品Aの購入者のうち,1,000人が商品Qを購入すると予想している。

A購入者のうちQを購入すると予想されるのは、図から

10000×0.3=3000(人)

と試算できるので、誤りです。

 

商品Bの購入者は,商品P,Q,R,Sのどれかを購入すると予想している。

Bの行を見るとPQRSの割合の合計は

0.1+0.6+0.1+0.1=0.9

と、10割に達しないため、来年どの商品も購入しないであろうBの購入者がいると予想されています。したがって不正解です。

 

商品Pの購入見込者の5割は,商品Aの購入者であると予想している。

P列A行の「0.5」というのは、A購入者を分母とし、その中でPを購入すると予想されている割合です。

10000×0.5=5000(人)

がその人数であり、Pの購入見込者数は既存と新規を合わせて

15000+5000=20000(人)

であるため、P購入見込者を分母としたA購入者の割合は

5000÷20000=0.25

ですので、誤りです。

 

商品Sの新規顧客人数は,商品Cの購入者のうち商品Sを購入する人数より少ないと予想している。

商品Cの購入者のうち商品Sを購入する人数は

80000×0.3=24000(人)

商品Sの新規顧客数23000人のほうが少ないため、これが正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。