トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問72
問72

ある工場では表に示す3製品を製造している。実現可能な最大利益は何円か。ここで,各製品の月間需要量には上限があり,組立て工程に使える工場の時間は月間200時間までとする。また,複数種類の製品を同時に並行して組み立てることはできないものとする。

 

○正解
×不正解

2,625,000

3,000,000

3,150,000

3,300,000

解説

製品それぞれの1分あたりの利益は

X: 1,800÷6=300(円)

Y: 2,500÷10=250(円)

Z: 3,000÷15=200(円)

 

利益率の高いものから優先して製造していきます

200時間=12,000分

Xを上限まで製造するとその利益は

1,800×1,000=1,800,000(円)

Xをすべて製造した後の残り時間は

12,000-6×1,000=6,000(分)

Yを上限まで生産するのに掛かる時間は

10×900=9,000(分)

であり、残り時間より大きいので、残り時間はすべてYを生産するものとします。このとき製造可能な個数は

6,000÷10=600(個)

これを製造したときの利益は

2,500×600=1,500,000(円)

 

X、Y双方の利益を合計して

1,800,000+1,500,000=3,300,000(円)

これが正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。