トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・秋 > 問74
問74

MRP(Material Requirements Planning)システムを導入すると改善が期待できる場面はどれか。

○正解
×不正解

図面情報が電子ファイルと紙媒体の両方で管理されていて,設計変更履歴が正しく把握できない。

製造に必要な資材及びその必要量に関する情報が複雑で,発注量の算出を誤りやすく,生産に支障を来している。

設計変更が多くて,生産効率が上がらない。

多品種少量生産を行っているので,生産設備の導入費用が増加している。

解説

MRP(Material Requirements Planning)は資材所要量計画などと訳されます。選択肢の中で部品や資材、原材料に関する記述をしているのは

製造に必要な資材及びその必要量に関する情報が複雑で,発注量の算出を誤りやすく,生産に支障を来している。

だけですので、これが正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。