トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・春 > 問13
問13

キャッシュメモリに関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

キャッシュメモリの転送ブロックの大きさを仮想記憶のページの大きさと同じにすると,プログラムの実行効率が向上する。

キャッシュメモリは高速アクセスが可能なので,汎用レジスタと同じ働きをする。

主記憶のアクセス時間とプロセッサの命令実行時間の大きいマシンでは,多段のキャッシュ構成にすることで実効アクセス時間が短縮できる。

ミスヒットが発生するとキャッシュ全体は一括消去され,主記憶から最新のデータの転送処理が実行される。

解説

主記憶のアクセス時間とプロセッサの命令実行時間の大きいマシンでは,多段のキャッシュ構成にすることで実効アクセス時間が短縮できる。

キャッシュメモリは,主記憶よりも小規模でアクセス速度の速いメモリです。頻繁にアクセスするデータをキャッシュメモリに入れることで,アクセス速度の遅い主記憶へのアクセスを減らすことが出来る。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。