トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・春 > 問32
問32

DBMSにおけるログファイルの説明として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

システムダウンが発生したときにデータベースの回復処理時間を短縮するため,主記憶上の更新データを定期的にディスクに書き出したものである。

ディスク障害があってもシステムをすぐに復旧させるため,常に同一データのコピーを別ディスクや別サイトのデータベースに書き出したものである。

ディスク障害からデータベースを回復するために,データベースの内容をディスク単位で複写したものである。

データベースの回復処理のため,データの更新前後の値を書き出してデータベースの更新記録を取ったものである。

解説

システムダウンが発生したときにデータベースの回復処理時間を短縮するため,主記憶上の更新データを定期的にディスクに書き出したものである。

ジャーナルファイルの説明です。

 

ディスク障害があってもシステムをすぐに復旧させるため,常に同一データのコピーを別ディスクや別サイトのデータベースに書き出したものである。

ミラーリングの説明です。

 

ディスク障害からデータベースを回復するために,データベースの内容をディスク単位で複写したものである。

バックアップの説明です。

 

データベースの回復処理のため,データの更新前後の値を書き出してデータベースの更新記録を取ったものである。

ログファイルの説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。