トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・春 > 問33
問33

DBMSの排他制御に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

アクセス頻度の高いデータの処理速度を上げるためには,排他制御が必要である。

処理速度を上げるため,排他制御を行うデータの範囲は極力大きくすべきである。

データアクセス時のデッドロック防止をするために,排他制御が必要である。

複数の人が同時に更新する可能性のあるデータには,排他制御が必要である。

解説

複数の人が同時に更新する可能性のあるデータには,排他制御が必要である。

データベースでは,同じレコードを同時にアクセスする可能性があるからです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。