トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・春 > 問4
問4

後置記法(逆ポーランド記法)では,例えば,式 Y=(A-B)×CをYAB-C×=と表現する。次の式を後置記法で表現したものはどれか。

Y=(A+B)×(C-D÷E)

○正解
×不正解

YAB+C-DE÷×=

YAB+CDE÷-×=

YAB+EDC÷-×=

YBA+CD-E÷×=

解説

後置記法とは,演算子を被演算子の後に書く方法です。

 

最初に,Y=(A+B)×(C-D÷E)をブロック毎にまとめます。

A+B = A1

D÷E = D1

C-D1 = C1

A1×C1 = A2

とします。

 

これを最初の式に当てはめると,

Y=A2

となります。

 

①Y=A2を後置記法にします。

YA2=

②A2を展開して後置記法にします。

YA1C1×=

③A1とC1を展開して後置記法にします。

YAB+CD1-×=

④D1を展開して後置記法にします。

YAB+CDE÷-×=

 

よって,YAB+CDE÷-×=となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。