トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・春 > 問46
問46

オブジェクト指向プログラミングの特徴はどれか。

○正解
×不正解

オブジェクトが相互にメッセージを送ることによって,協調して動作し,プログラミング全体の機能を実現する。

オブジェクトの外部からオブジェクトの内部のデータを直接変更できるので,自由度が高い。

下位クラスは上位クラスの機能や性質を引き継ぐので,下位クラスに必要な性質は全て上位クラスに含まれる。

個々のオブジェクトが使用するデータ(属性)は,あらかじめデータ辞書に登録しておく。

解説

オブジェクトが相互にメッセージを送ることによって,協調して動作し,プログラミング全体の機能を実現する。

オブジェクト指向の説明として正しいです。

 

オブジェクトの外部からオブジェクトの内部のデータを直接変更できるので,自由度が高い。

オブジェクト指向では,直接外部から内部のデータを変更できないようにします。

 

下位クラスは上位クラスの機能や性質を引き継ぐので,下位クラスに必要な性質は全て上位クラスに含まれる。

オブジェクト指向では,継承により上位クラスの機能,性質を引き継ぐが,下位クラスに必要な機能,性質については独自に追加していきます。

 

個々のオブジェクトが使用するデータ(属性)は,あらかじめデータ辞書に登録しておく。

オブジェクト指向では,あらかじめ登録をする必要はありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。