トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・春 > 問56
問56

複数の業務システムがある場合のアクセス管理の方法のうち,最も適切なものはどれか。

○正解
×不正解

業務の担当変更に迅速に対応するために,業務グループごとに共通の利用者IDを使用する。

人事異動が頻繁に発生する場合には,年初にまとめてアクセス権限の変更を行う。

新入社員の名簿に基づいて,あらかじめ全業務システムに全員の利用者登録を実施しておく。

利用者の職位にかかわらず,業務システムごとに役割に応じて適切なアクセス権限の設定を行う。

解説

利用者の職位にかかわらず,業務システムごとに役割に応じて適切なアクセス権限の設定を行う。

情報へのアクセス権を与える人数は,最小に抑える必要があります。そのため,情報が必要な人のみにアクセス権を与える必要があります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。