トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・春 > 問6
問6

十分な大きさの配列Aと初期値が0の変数pに対して,関数f(x)とg()が次のとおり定義されている。配列Aと変数pは,関数f(x)とg()だけでアクセス可能である。

これらの関数が操作するデータ構造はどれか。

 

function f(x) {

     p=p+1;

   A[p]=x;

     return None;

}

function g() {

      x=A[p];

      p=p-1;

      return x;

}

○正解
×不正解

キュー

スタック

ハッシュ

ヒープ

解説

function f(x)とfunction g()がどのようにデータを扱っているで,データ構造を判断します。

 

function f(x):

データxを配列A[p]に代入する関数です。

データxを代入するときに,配列の要素を最後尾に1つ増やして代入を行っています。

function g():

配列A[p]からデータを取り出す関数です。

配列の最後尾の要素から値を取り出して,要素の数を1つ減らしています。

 

このように,最後に入ったデータを最初にとり出すデータ構造をスタックと言います。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。