トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・春 > 問77
問77

図は二つの会社の損益分岐点を示したものである。A社とB社の損益分析に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

A社と,B社ともに損益分岐点を超えた等しい売上高のとき,固定費の少ないB社の方がA社よりも利益が大きい。

A社はB社より変動費率が小さいので,損益分岐点を越えた等しい売上高のとき,B社に比べて利益が大きい。

両社の損益分岐点は等しいので,等しい利益を生み出すために必要な売上高は両社とも等しい。

両社は損益分岐点が等しく,固定費も等しいので,売上高が等しければ,損益も等しい。

解説

A社はB社より変動費率が小さいので,損益分岐点を越えた等しい売上高のとき,B社に比べて利益が大きい。

損益分岐点とは,売上げと費用が等しくなる点のことを言います。

損益分岐点を越えると,A社とB社の図を見比べるとA社のほうが費用が少ないことが分かります。収益はA社とB社は等しいので利益はA社のほうが大きくなります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。