トップ過去問一覧ITパスポート 平成23年・特別 > 問10
問10

ある販売会社が扱っている商品の4月末の実在庫数が100個であり,5月10日までの受発注取引は表のとおりである。商品は発注日の5日後に入荷するものとし,販売会社と商品発注先の休日,及び前月以前の受発注取引を考えない場合,5月10日時点の引当可能在庫数は何個か。ここで,引当可能在庫数とは,その時点の在庫のうち引当可能な数量とする。

○正解
×不正解

60

90

110

140

解説

60

表の取引日毎に引当可能在庫数を計算します。

引当可能在庫数とは,受注時点での注文数を商品在庫数から“予約”したあとの販売可能在庫のことです。

 

5月2日 実在庫数-商品の受注数=当該日時点の引当可能在庫数であるので、

          100(個)-40(個)=60(個)が引当可能在庫数になります。

 

5月3日 発注日の5日後に入荷するので,5月8日に実在庫数が50(個)増えます。

 

5月6日 60(個)-20(個)=40(個)が5月6日時点の引当可能在庫数になります。

 

5月7日 発注日の5日後に入荷するので,5月12日に実在庫数が50(個)増えます。

 

5月9日 5月8日に実在庫数が50(個)増えたので、5月9日の引当可能在庫数は

40(個)+50(個)=90(個)となります。

30(個)の商品の受注があったので、

90(個)-30(個)=60(個)

が5月9日時点での引当可能在庫数となります。

 

よって,5月10日時点での引当可能在庫数は60(個)となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。