トップ過去問一覧ITパスポート 平成23年・特別 > 問33
問33

システム開発プロジェクトにおけるクリティカルパスに関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

開発の遅延を回復するために要員を追加する場合,クリティカルパス上の作業に影響を与えないように,クリティカルパス上にない作業に対して優先的に追加する。

クリティカルパス上の作業が3日前倒しで完了すると,プロジェクトの完了も必ず3日前倒しとなる。

クリティカルパス上の作業が遅延すると,プロジェクトの完了も遅延する。

プロジェクトにおいてクリティカルパスは一つだけ存在する。

解説

クリティカルパス上の作業が遅延すると,プロジェクトの完了も遅延する。

クリティカルパスとは,開始から終了までの最長経路のことなので,クリティカルパス上の作業が遅れるとプロジェクトの完了も遅れます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。