トップ過去問一覧ITパスポート 平成23年・特別 > 問50
問50

システム開発の結合テスト段階において,開発済の機能に追加や修正が必要となり,データベースの構成も変更することになった。プロジェクトマネージャの対応に関する記述a~dのうち,適切なものだけをすべて挙げたものはどれか。

 

○正解
×不正解

a,b,c

a,b,d

b,d

c,d

解説

a,b,c

a WBSを改訂しプロジェクトスケジュールを見直す

WBSとは,Work Breakdown Structureの略でプロジェクトマネジメントでスケジュールを立てるときに用いられる手法のことです。その見直しを行うことは,プロジェクトマネージャが対応することです。

 

b 追加又は変更に要するコストを見積もる。

コストの見積りはプロジェクトマネージャが対応することです。

 

c データベースの構成変更に伴うリスクを洗い出す。

データベースの構成変更はシステム設計者が対応することですが,変更に伴うリスクを洗い出すことはプロジェクトマネージャが対応することです。

 

d 当初予定していた結合テストを完了させてから変更を行う。

システム設計者が対応することです。

 

よって,a,b,cが正解となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。