トップ過去問一覧ITパスポート 平成23年・特別 > 問52
問52

アプリケーションプログラムの規模を見積もるための基となる情報として,最も適切なものはどれか。

○正解
×不正解

画面数と帳票数

システム開発期間

システム開発工数

プログラマの経験年数

解説

画面数と帳票数

正解です。

 

システム開発期間

プロジェクトの開始からテストの終了までの期間のことで,アプリケーションプログラムの規模を見積もるための基となる情報ではありません。

 

システム開発工数

システム開発プロジェクトにおける各フェーズの工数の見積りは,アプリケーションプログラムの規模を見積もるための基となる情報ではありません。

 

プログラマの経験年数

プログラマの経験年数は,プログラミングフェーズでの工数見積もりには有効ですが,アプリケーションプログラムの規模を見積もるための基となる情報ではありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。