トップ過去問一覧ITパスポート 平成23年・特別 > 問67
問67

CPUに関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

CPU内部に組み込まれているキャッシュメモリは,主記憶装置の容量を仮想的に拡張するために用いられている。

CPUの演算機能は制御機能の一部である。

CPUは,一度に処理するデータ量によって“16ビットCPU”,“32ビットCPU”,“64ビットCPU”などに分類されるが,ビット数の大小と処理能力は関係がない。

同じ構造をもつCPUであれば,クロック周波数が高いものほど処理速度が速い。

解説

CPU内部に組み込まれているキャッシュメモリは,主記憶装置の容量を仮想的に拡張するために用いられている。
キャッシュメモリは,主記憶装置とのデータのやり取りを高速化するために用いられます。

CPUの演算機能は制御機能の一部である。

CPUは,制御機能,演算機能,記憶機能,入力機能,出力機能を持ちます。


CPUは,一度に処理するデータ量によって“16ビットCPU”,“32ビットCPU”,“64ビットCPU”などに分類されるが,ビット数の大小と処理能力は関係がない。

一度に処理するデータ量が多いほど,性能が高くなります。

同じ構造をもつCPUであれば,クロック周波数が高いものほど処理速度が速い。

正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。