トップ過去問一覧ITパスポート 平成23年・特別 > 問88
問88

暗号化通信で使用される共通鍵暗号方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

暗号化に用いる鍵を第三者に公開しても,第三者は暗号文を復号できない。

公開鍵暗号方式よりも,暗号化処理と復号処理に掛かる計算量は少ない。

通信経路で改ざんされた暗号文を復号処理で訂正し,元のデータを復号する機能をもつ。

複数の相手ごとに通信内容を秘密にしたい場合でも,暗号化に用いる鍵は一つである。

解説

暗号化に用いる鍵を第三者に公開しても,第三者は暗号文を復号できない。

共通鍵暗号方式なので,暗号と復号に同じ鍵を用います。暗号化に用いる鍵を第三者に公開すれば,第三者は暗号文を復号できます。

 

公開鍵暗号方式よりも,暗号化処理と復号処理に掛かる計算量は少ない。

正解です。

 

通信経路で改ざんされた暗号文を復号処理で訂正し,元のデータを復号する機能をもつ。

通信経路で改ざんされた暗号文を復号処理で訂正し,元のデータを復号する機能をもった暗号化方式はありません。

 

複数の相手ごとに通信内容を秘密にしたい場合でも,暗号化に用いる鍵は一つである。

複数の相手ごとに暗号化を行うので,暗号化に用いる鍵は複数必要です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。