トップ過去問一覧ITパスポート 平成24年・春 > 問20
問20

A社は,自社の通常の業務に利用するためのソフトウェアを購入し,資産計上した。このソフトウェアの減価償却方法として,最も適切なものはどれか。

○正解
×不正解

A社が毎年任意で選択した減価償却方法を用いて償却する。

初年度に購入金額の半額を定額法で償却し,2年目以降に残りの半額を定率法を用いて償却する。

定額法を用いて償却する。

定率法を用いて償却する。

解説

定額法を用いて償却する。

ソフトウェアは、減価償却資産の対象になっています。販売用や研究開発用とその他のものでは耐用年数が変わります。減価償却方法は定額法を用います。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。