トップ過去問一覧ITパスポート 平成24年・春 > 問31
問31

プロジェクトマネジメントのために作成する図のうち,進捗が進んだり遅れていたりする状況を視覚的に確認できる図として,最も適切なものはどれか。

○正解
×不正解

WBS

ガントチャート

特性要因図

パレート図

解説

WBS

WBS(Work Breakdown Structure)とは、成果物や仕事の詳細な区分を、階層構造として示した図表、またはそうした図表を作ることでプロジェクトの体系化を図る手法のことをいいます。

 

ガントチャート

ガントチャートとは,横向きの棒グラフで作業の進捗状況を表すものです。

 

特性要因図

特性と要因の関係について示していて,魚の骨のような形をしています。

 

パレート図

パレート図とは、値が大きい順に並べた棒グラフと累積値を表す折れ線グラフからなる図です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。