トップ過去問一覧ITパスポート 平成24年・春 > 問36
問36

内部統制を考慮した職務分掌として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

申請者自身が承認を行えないように定めた。

長期不在となる上司の権限を部下に委譲した。

早番の担当者の残作業を遅番の担当者に引き継いだ。

一つの作業を複数人で手分けして実施した。

解説

申請者自身が承認を行えないように定めた。

職務分掌とは,組織において,担当の業務の内容や権限,責任を明確に定義したものです。申請者と承認者は別の人が行います。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。