トップ過去問一覧ITパスポート 平成24年・春 > 問4
問4

不正アクセス行為の禁止等に関する法律で禁止されている行為はどれか。

○正解
×不正解

OSなどに存在するセキュリティ上の弱点を電気通信回線を通じて攻撃してコンピュータを不正利用する行為

営業秘密や営業上のノウハウの盗用などの不正行為

他人を誹謗中傷する内容をホームページや掲示板などへ掲載する行為

本人に対して個人情報の利用目的を隠し,不正な手段で取得する行為

解説

不正アクセス禁止法では、不正アクセス行為としての処罰の対象を

  • なりすまし(他人のID、パスワード等を不正に利用する)行為
  • セキュリティホール(プログラムの不備等)を攻撃して侵入する行為

と定めています。

 


 

OSなどに存在するセキュリティ上の弱点を電気通信回線を通じて攻撃してコンピュータを不正利用する行為

不正アクセス禁止法に該当します。

 

営業秘密や営業上のノウハウの盗用などの不正行為

不正競争防止法に該当します。

 

他人を誹謗中傷する内容をホームページや掲示板などへ掲載する行為

名誉毀損(めいよきそん)に該当します。

 

本人に対して個人情報の利用目的を隠し,不正な手段で取得する行為

個人情報保護法に該当します。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。