トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・秋 > 問11
問11

並列にアクセス可能な複数台の磁気ディスクに,各ファイルのデータを一定サイズのブロックに分割して分散配置し,ファイルアクセスの高速化を図る手法はどれか。

○正解
×不正解

ディスクアットワンス

ディスクキャッシュ

ディスクストライピング

ディスクミラーリング

解説

ディスクアットワンス

ディスクに一度にまとめてデータを書き込む方法です。

 

ディスクキャッシュ

データの一部をメモリ上に置き、アクセスを高速化する方法です。

 

ディスクストライピング

正解です。

ディスクストライピングとは、1つのデータを2つ以上のハードディスクに分けて同時に書き込む方法です。


ディスクミラーリング

一つの装置内の複数のハードディスクに同じ内容を書き込んで複製することで、可用性を高める方法です。


無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。