トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・秋 > 問17
問17

タスクスケジューリング方式の説明のうち,特定のタスクがCPU資源の割当てを待ち続ける可能性が最も高いものはどれか。

○正解
×不正解

各タスクの優先度を決めて,優先度が高い順に実行し,CPU割当てまでの待ち時間の長さに応じて優先度を徐々に上げていく。

各タスクを実行可能待ち行列に置かれた順に実行し,一定時間が経過したら実行を中断して実行可能待ち行列の最後尾に加える。

処理予定時間が最も短いタスクから順に処理を実行する。現在実行中の処理が終了するか,又は何らかの要因によって中断されたとき,次のタスクを開始する。

タスクがシステムに到着した順に実行可能待ち行列の最後尾に加え,常に実行可能待ち行列の先頭タスクにCPUを割り当てる。

解説

各タスクの優先度を決めて,優先度が高い順に実行し,CPU割当てまでの待ち時間の長さに応じて優先度を徐々に上げていく。

CPU割当てまでの待ち時間の長さに応じて優先度を上げていくので、特定のタスクがCPU資源の割当てを待ち続ける可能性は低いです。

 

各タスクを実行可能待ち行列に置かれた順に実行し,一定時間が経過したら実行を中断して実行可能待ち行列の最後尾に加える。

一定時間が経過したらタスクの実行を中断するので、特定のタスクがCPU資源の割当てを待ち続ける可能性は低いです。

 

処理予定時間が最も短いタスクから順に処理を実行する。現在実行中の処理が終了するか,又は何らかの要因によって中断されたとき,次のタスクを開始する。

正解です。

処理に時間のかかるタスクは,なかなか実行されず待ち続ける可能性があります。

 

タスクがシステムに到着した順に実行可能待ち行列の最後尾に加え,常に実行可能待ち行列の先頭タスクにCPUを割り当てる。

常に実行可能待ち行列の先頭タスクにCPUを割り当てるので、特定のタスクがCPU資源の割当てを待ち続ける可能性は低いです。


無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。