トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・秋 > 問30
問30

DBMSが,データベースの更新に対して保証すべき原子性(atomicity)の単位はどれか。

○正解
×不正解

DBMSの起動から停止まで

チェックポイントから次のチェックポイントまで

データベースのバックアップ取得から媒体障害の発生時点まで

トランザクションの開始からコミット又はロールバックまで

解説

データベースの更新に対する原子性(atomicity)とは、トランザクションが、これ以上分解することのできない最小の処理単位でなければならないという性質のことです。ひとつのトランザクションが完了したとき、その内部に含まれる複数のタスクは、すべて実行されたか、あるいはひとつも実行されなかったかのどちらかでなければなりません。したがって正解は

トランザクションの開始からコミット又はロールバックまで

です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。