トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・秋 > 問42
問42

ファイルの属性情報として,ファイルに対する読取り,書込み,実行の権限を独立に設定できるOSがある。この3種類の権限は,それぞれに1ビットを使って許可,不許可を設定する。この3ビットを8進数表現0~7の数字で設定するとき,次の試行結果から考えて,適切なものはどれか。

〔試行結果〕

(1) 0を設定したら,読取り,書込み,実行ができなくなってしまった。

(2) 3を設定したら,読取りと書込みはできたが,実行ができなかった。

(3) 7を設定したら,読取り,書込み,実行ができるようになった。

○正解
×不正解

2を設定すると,読取りと実行ができる。

4を設定すると,実行だけができる。

5を設定すると,書込みだけができる。

6を設定すると,読取りと書込みができる。

解説

試行結果から第何ビットにどの権限が対応付けられているかを考えます。

 

(1)と(3)の結果では、0 =(000)2の時はすべて不可能、7=(111)2の時は全て可能なので、0が不許可、1が許可を表すことが分かります。

 

(2)の結果では、3 = (011)2で読取りと書込みが可能、実行が不可能とあるので、第3ビットが実行権限で、順番は特定できませんが第1ビットと第2ビットが読取り、書込み権限であると分かります。

 

まとめると次のようになります。

第1ビット:読取り

第2ビット:書込み

第3ビット:実行

または

第1ビット:書込み

第2ビット:読取り

第3ビット:実行

 

2を設定すると,読取りと実行ができる。

2 = (010)2

実行はできませんし、読取りが可能であるとは言い切れません。

 

4を設定すると,実行だけができる。

4 = (100)2

第3ビットのみが1になっており、実行だけができます。

 

5を設定すると,書込みだけができる。

2 = (101)2

どちらか判断できませんが、読取りまたは書込みのどちらかができます。

 

6を設定すると,読取りと書込みができる。

2 = (110)2

実行ができます。読取りと書込みの両方はできません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。