トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・秋 > 問43
問43

ウイルスの調査手法に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

逆アセンブルは,バイナリコードの新種ウイルスの動作を解明するのに有効な手法である。

パターンマッチングでウイルスを検知する方式は,暗号化された文書中のマクロウイルスの動作を解明するのに有効な手法である。

ファイルのハッシュ値を基にウイルスを検知する方式は,未知のウイルスがどのウイルスの亜種かを特定するのに確実な手法である。

不正な動作からウイルスを検知する方式は,ウイルス名を特定するのに確実な手法である。

解説

逆アセンブルは,バイナリコードの新種ウイルスの動作を解明するのに有効な手法である。

逆アセンブルとはバイナリコードをアセンブリコードに変換することです。逆アセンブルによってウイルスの動作を判読可能な形にすることができます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。