トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・秋 > 問44
問44

コンピュータやネットワークのセキュリティ上の脆(ぜい)弱性を発見するために,システムを実際に攻撃して侵入を試みる手法はどれか。

○正解
×不正解

ウォークスルー

ソフトウェアインスペクション

ペネトレーションテスト

リグレッションテスト

解説

ウォークスルー

システム開発において、プログラムの仕様やプログラムそのものに誤りがないかどうかをプログラム全体にわたってチェックする作業のことです。

 


ソフトウェアインスペクション

ドキュメントやソースコードを目視でチェック、修正することです。

 

ペネトレーションテスト

正解です。

ペネトレーションテストでは、システムを実際に攻撃して侵入を試みることによってコンピュータやネットワークのセキュリティ上の脆(ぜい)弱性を発見します。


リグレッションテスト

プログラムの変更によって新たなバグなどが発生していないか検証することです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。