トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・秋 > 問68
問68

コストプラス法による価格設定方法を表すものはどれか。

○正解
×不正解

価格分析によって,利益最大,リスク最小を考慮し,段階的に価格を決める。

顧客に対する値引きを前提にし,当初からマージンを加えて価格を決める。

市場で競争可能と推定できるレベルで価格を決める。

製造原価,営業費を基準にし,希望マージンを織り込んで価格を決める。

解説

コストプラス価格決定法では、実際に掛かったコスト(=原価)に一定の利益を足したものを価格として採用します。

 

価格分析によって,利益最大,リスク最小を考慮し,段階的に価格を決める。

需要志向的価格決定法の説明です。

 

顧客に対する値引きを前提にし,当初からマージンを加えて価格を決める。


市場で競争可能と推定できるレベルで価格を決める。

競争志向的価格決定法の説明です。

 

製造原価,営業費を基準にし,希望マージンを織り込んで価格を決める。

正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。