トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・秋 > 問78
問78

親和図法を説明したものはどれか。

○正解
×不正解

事態の進展とともに様々な事象が想定される問題について対応策を検討し,望ましい結果に至るプロセスを定める方法である。

収集した情報を相互の関連によってグループ化し,解決すべき問題点を明確にする方法である。

複雑な要因が絡み合う事象について,その事象間の因果関係を明らかにする方法である。

目的・目標を達成するための手段・方策を順次展開し,最適な手段・方策を追求していく方法である。

解説

親和図法とは、まとまっていない情報を言葉の意味の親和性でグループ化する手法です。

従って、

収集した情報を相互の関連によってグループ化し,解決すべき問題点を明確にする方法である。

が正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。