トップ過去問一覧基本情報技術者 平成24年・秋 > 問9
問9

割込み発生時のプロセッサの処理手順はどれか。

(1)プログラムレジスタ(プログラムカウンタ)などの退避

(2)ユーザモードから特権モードへの移行

(3)割込み処理ルーチンの開始番地の決定

(4)割込み処理ルーチンの実行

○正解
×不正解

(1)→(3)→(4)→(2)

(1)→(4)→(2)→(3)

(2)→(1)→(3)→(4)

(2)→(3)→(4)→(1)

解説

2)→(1)→(3)→(4)

 

割込みとはプログラムが実行中に一時中断させてより優先度の高い別の処理を実行することです。実行しているプログラムが原因で起こるものを内部割込み、プログラム以外の要因によるものを外部割込みといいます。

 

割込みが発生した場合、プロセッサは次の処理を行います。

 

ユーザモードから特権モードへ移行。

プログラムレジスタ(プログラムカウンタ)などの退避。

割込み処理ルーチンの開始番地の決定。

割込み処理ルーチンの実行。

 

正解は(2)→(1)→(3)→(4)となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。