トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問11
問11

キャッシュメモリへの書込み動作には,ライトスルー方式とライトバック方式がある。それぞれの特徴のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

ライトスルー方式では,データをキャッシュメモリだけに書き込むので,高速に書込みができる。

ライトスルー方式では,データをキャッシュメモリと主記憶の両方に同時に書き込むので,主記憶の内容は常に最新である。

ライトバック方式では,データをキャッシュメモリと主記憶の両方に同時に書き込むので,速度が遅い。

ライトバック方式では,読出し時にキャッシュミスが発生してキャッシュメモリの内容が追い出されるときに,主記憶に書き戻す必要が生じることはない。

解説

ライトスルー方式では,データをキャッシュメモリだけに書き込むので,高速に書込みができる。

ライトスルー方式は,キャッシュメモリと主記憶に同時にデータを書込みます。

 

ライトスルー方式では,データをキャッシュメモリと主記憶の両方に同時に書き込むので,主記憶の内容は常に最新である。

ライトスルー方式とは,CPUと主記憶の間でキャッシュデータを保存する手法のことです。CPUが主記憶にデータを保存するタイミングでキャッシュメモリにデータを保存する。

ライトバック方式とは,CPUと主記憶の間でキャッシュデータを保存する手法のことです。CPUからキャッシュメモリにデータを保存して,他の処理がなくなってから主記憶に保存します。

 

ライトバック方式では,データをキャッシュメモリと主記憶の両方に同時に書き込むので,速度が遅い。

キャッシュメモリと主記憶に同時に書き込むのは,ライトスルー方式です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。