トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問16
問16

図の回線網における福岡・東京間の回線の稼働率はおよそ幾らか。ここで,隣接するノード間の回線の稼働率は,全て0.9とする。

 

○正解
×不正解

0.81

0.88

0.89

0.98

解説

0.88

稼働率の計算式に基づいて式を求めます。

・直列に並べたa,bの稼働率

稼働率:a×b

・並列に並べたa,bの稼働率

稼働率:1-(1-a)(1-b)

 

(1)大阪・名古屋間と名古屋・東京間は直列の関係です。

(2)大阪・東京間と・大阪・名古屋・東京間は並列の関係です。

(3)福岡・大阪間と大阪・東京間は直列の関係です。

 

最初に(1)を求めます。

大阪・名古屋・東京間の回線の稼働率を,直列の式を用いて求めます。

大阪・名古屋間の稼働率:0.9

名古屋・東京間の稼働率:0.9

0.9×0.9=0.81

になります。

 

次に,(2)を求めます。

大阪・東京間と大阪・名古屋・東京間の回線の稼働率を,並列の式を用いて求めます。

大阪・東京間の稼働率:0.9

大阪・名古屋・東京間の稼働率:0.81

1-(1-0.9)(1-0.81)=0.981

になります。

 

最後に,福岡・大阪間と大阪・東京間の稼働率を,直列の式を用いて求めます。

福岡・大阪間の稼働率:0.9

大阪・東京間の稼働率:0.981

0.9×0.981=0.8829

になります。

 

よって,おおよそ0.88になります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。