トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問28
問28

R表に,(A,B)の2列で一意にする制約(UNIQUE制約)が定義されているとき,R表に対するSQL文のうち,この制約に違反するものはどれか。ここで,R表には主キーの定義がなく,また,全ての列は値が決まっていない場合(NULL)もあるものとする。

 

○正解
×不正解

DELETE FROM R WHERE A = 'AA01' AND B = 'BB02'

INSERT INTO R(A,B,C,D) VALUES ('AA01',NULL,'DD01','EE01')

INSERT INTO R(A,B,C,D) VALUES (NULL,NULL,'AA01','BB02')

UPDATE R SET A = 'AA02' WHERE A = 'AA01'

解説

UPDATE R SET A = 'AA02' WHERE A = 'AA01'

UNIQUE制約とは,列もしくは列グループ内で同じ値の行があってはいけない制約のことです。

AとBの列グループ内で,同じ値の組み合わせが存在してはいけないことになります。なので,AA01をAA02に変更することはできません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。